MENU

スクワランオイルには酸素を体内に取り入れる作用が?

 

スクワランとは、哺乳類や植物などから採れるオイルの事で、それは人の肌の中にもある潤い成分です。
20代を過ぎるとお肌のスクワランは減少し不足して、新陳代謝が悪くなり、乾燥シワたるみの原因になります。

 

そこでスクワランオイル配合のクリームで、潤いを補ってあげてお肌のトラブルを解消して下さい。
スクワランオイルには酸素を体内に取り入れる作用があります。
お肌に充分新鮮な酸素が行き渡り、活性炭素の発生を抑え、新陳代謝が活性化されてターンオーバーが促されるのです。
肌サイクルの状態が正常化されて、細胞も元気によみがえります。

 

もちろん保湿効果もあります。
もともとお肌にある成分なので、浸透性が抜群で皮膚の奥まで有効成分が届けてくれます。
とても肌馴染みも良く、汗と混ざることによって皮脂膜になって、紫外線や外気などのダメージからお肌を保護する作用もあるのです。

 

お肌が潤って代謝が活発になれば、血行促進が促されて結果たるみ改善へと繋がります。

 

浸透性がよいのでベタつきも少なく、クリームでとることにより他の美容成分も同時に吸収する効果も期待できます。
殺菌作用もあることがわかってますので、トラブル中のお肌でも使用可能な万能オイルなのです。

 

毎日のお手入れにスクワランをプラスして、たるみを防ぐアンチエイジングに取り掛かって下さい。